ドアひとつとってもそれぞれ役割が…

こんにちは、コーディネーターの石浜です。

先日、粕屋郡で建築予定のO様邸の建具打合せを行いました。

部屋と部屋をつなぐ扉には、大きく分けて

・開き戸
・引き戸
・建具の存在を無くす引込戸
・押入れなどに使う引違い戸

などがあります。

ドア(以下建具)にもそれぞれ役割があり、
引き戸のメリットは、横にスライドするだけで良いので、動作が小さくすみます。
また、開き戸だと気密性が良いので音やニオイが気になる部屋に最適です。

一般的にお部屋の引立て役になりがちな建具ですが、
建具を何にするかによって、壁と一体に見せたり、個性的に見せたりすることができます。
tategu01

tategu02

今回、O様宅は、見せ場となるリビング戸を造作にすることにしました。

造作建具というと、シオジやシナといった木材で作ることも多いのですが、
スタイリッシュで格好良いスタイルがお好きなお二人は、
こだわりのキッチンに合わせてヘアライン仕様のメラミン材を使った扉になりました。

メラミン材とは、水に強く色柄も豊富なので、洗面台や造作家具に使用する素材です。

今回、選んでいたただいたサンプルがこちらです。
取手も、可愛らしい物から格好良いものまで本当にさまざまな金物がありますよ♪
O様には、シンプルな取手をおすすめさせていただきました。
tategu03

私も出来上がりがとっても楽しみです。

O様、今後ともよろしくお願い致します!

関連記事

2017年7月
« 6月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP