『壁に複数の絵を飾るコツ』セミナーに参加してきました。

こんにちは。コーディネーターの嘉村です。

海外のドラマや雑誌で、お部屋の1つの壁に複数の絵やポストカード、
写真などがランダムに飾られているのをよく見かけます。

すごくおしゃれだと思いませんか?

私は、絵やポストカードなどを旅先や美術館などで購入するのが好きなのですが、
どう飾ろうかとレイアウトをあれこれ考えているうちに、飾らないまま引出しのなかに、、、なんてことがあります。

そこで先日、『壁に複数の絵を飾るコツ』セミナーに参加してきました。


壁に掛けるレイアウトを考える上で、1番大きなポイントは、
1番大きい絵を、飾りたい壁の中心から少し右側にずらして飾るということ。

その後は、その絵を中心に、左右に絵を並べていきます。

その時、絵が左右同じ大きさでなくても構わないそうです。

また、飾りたいものの色合いや絵の種類を揃えたりする必要はまったくないとのこと。

ついつい、色が多い絵ばかりにすると、ごちゃごちゃするんではないかと心配しがちですが、
全く気にしなくていいそうです。

もう1つのポイントは、額装です。

額に入れるだけで、グッと高級感が増します。

額縁はお部屋の雰囲気や、中に入れる絵の色・柄に合わせたりして選びます。

また、絵と額縁の間に”マット”と呼ばれる台紙を敷くと、さらにおしゃれになります。

マットの幅は10㎝くらいとり、額の中が窮屈にならないようにするのがポイント。

マットの色も、黒を使えば引き締まり、白はシャープでモダンに、淡い色合いは優しい雰囲気になります。

このマットの効果をつかれば、ペーパーナプキンや壁紙のサンプルなども、ちゃんとした絵画のように感じませんか?

もちろん、これらのルールにこだわらず、好きに飾っても素敵です。

ちょっと迷った時に、参考になればと思います。

これから寒い季節は、お部屋にこもることも多くなるでしょう。

好きな絵や写真を飾って、お部屋の雰囲気をちょっとだけ変えてみてはいかがですか?

お子様が書いた絵やお手紙を飾るのも素敵ですね。

トップ画像引用元:COCO LAPINE DESIGN
http://cocolapinedesign.com/

関連記事

2017年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

斉藤工務店のテレビCM

PAGE TOP