インテリアの雰囲気を決定づける床材について_01

こんにちは。コーディネーターの伊藤です。

今日は床材について少しお話します。

インテリアの雰囲気を決定づける大きな要素である床材。
まず、大きく既製品と無垢材に分かれます。

それぞれ良し悪しありますが、斉藤工務店のお客様は無垢材が好きな方が多いです(^^)

やはり1番人気なのはフローリングの王様、オーク(ナラ材)。
他の樹種に比べ高い耐久性と耐水性を持ち、少々物を落としても傷つきにくいです。


さらに加工性も良く比較的安価。
インテリアの組み合わせ次第で和にも洋にもなります。

次に人気なのは杉。
オークなどの広葉樹に比べて、柔らかく温かみがあります。
靴を脱いで生活する日本人にぴったりの床材ですね。

その分傷つきやすい材ではありますが、優しい肌触りからあえて子供室に使用するお客様もいらっしゃいます。
月日が経つにつれて色に深みが増し、少し光沢がでてくる経年変化も楽しめます。

ただ節だけがどうしても苦手・・・という方は無節の杉
上品でおすすめです。

3位以下は順位をつけるのは難しいですがブラックウォールナットも人気です。
絶対にブラックウォールナットが良い!という熱いファンが多いです。

硬木で耐久性が高い特徴を持ちながらもゆったりとした木目で、重厚感のある高貴な空間に仕上げてくれます。

高級な家具にもよく使用されていますね。
個人的にもウォールナット、好きです。

次回、床材について2お楽しみに!

関連記事

  1. 8/26(日)に久留米モデルハウスにてイベントを行います!
2018年4月
« 3月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
PAGE TOP