福岡市博多区 注文住宅

箱と箱で重なり連なる家

建築概要
敷地面積 236.29㎡
延床面積 1F:71.08㎡
2F:42.42㎡
合計:113.5㎡
工法 木造在来軸組工法
所在地 福岡市博多区

閑静な環境の中にある住宅。

細長い敷地は、道路に対して長く接道している為、
通りに対して圧迫感のないよう配慮し、
平屋建ての「箱」とセットバックした2階建ての「箱」とで構成しました。

正方形に近いLDKは、そこに留まる人たちの距離感をほどよく保ちつつ、
ほどよく包み込む空間を持っています。

PAGE TOP