先輩インタビュー

森 裕樹[工事部]

僕の中の創造力を掻き立ててくれた家

斉藤工務店に入社を希望したのは、高校時代の出来事がきっかけですかね。

その当時に実家を増築することになったんです。
増築なので家に住みながら職人さんの作業を見ることができて、その時に見た大工さんの仕事が格好いいな・・
と感銘を受けてしまいました。

1つ1つの仕事の様子がスローモーションのように焼き付いていて、工事中の音や木の香りなど、
今でも鮮明に記憶に残っています。

その影響で大学も建築学部を選びました。
そして、就職活動の時に、斉藤工務店のモデルハウスCOAN(コアン)を見た時の衝撃は、高校時代の記憶に似たものでした。古風のような、流行のような独創性に富んだデザイン、これを手がけてみたいと僕の中の創造力を掻き立ててくれた家でしたね。
だから斉藤工務店に絶対入る!そんな意識がとても高かったんです。
そしてこの会社に入り、現実にコアンのことを学んだ時に、この住宅の持つ思想と感性との融合性みたいなものに再び驚かされました。そこから僕の意識がぐんと高まった気がします。

苦しみが瞬間的に大きな喜びに変わっていく

僕の仕事の中に、基本設計を受けて図面に起こすという作業があるのですが、その時は、お客様のニーズを反映させながら、現場の話しを聞き、どう美しい家をつくるか常に考えています。

学生の時と違って仕事はリアルな世界なので、1日の大半は現場で大工さんたちとの打ち合わせです。図面の作業に入るのは夕方って感じですかね。

そんな中、先輩たちは次々に難しい課題をクリアして図面を起こしていくんです。その姿は憧れですね。

お客様のニーズ、現場の意見、数々の現実的な課題などを照らし合わせ理想の家をつくる事は悩みの連続です。
まだまだ2年目だし仕事に追われることも多く、気づくと1日が終わっているということも。

でも、引き渡しの時に、お客様のうれしそうな顔や、新築の家で子供たちが走り回る光景に触れると、それまでの産みの苦しみが瞬間的に大きな喜びに変わっていくんです。

美しく完成したこの家で、お客様たちの暮らしが始まるんだと思うと、本当にやってよかったと毎回感じています。

僕がモデルハウスを見て感動した時のように、
だれかを感動させる家をつくり出したい

ここまで来るには大きな失敗もありました。
基本設計の意図を理解しないまま図面を起こし、それを先輩に指摘されチームのみんなに迷惑をかけたこともあります。

でも嫌な顔ひとつせず先輩たちが僕の失敗をフォローしてくれた時、感謝の気持ちはもちろんなのですが、チームとして仕事をしていくことの重要性を感じました。

今では部門の違う先輩たちと、垣根を越えて相談やアドバイスをもらったりしています。

今は個人プレーからチームプレーで学ぶことの大切さを実感し、僕なりの感性でつくる美しい家を探求しています。
そう思えるのも、先輩たちがいつも意欲的で社内に活気がある、その影響も強いかもしれません。
誰もが見たことのない、触れたことのないものをつくりだそう!そんな意識が会社内に広がっているところもこの会社の大きな魅力ですね。いつかは僕の手で、あの日僕がモデルハウスを見て感動した時のように、だれかを感動させる家をつくり出したいと考えています。

この会社には人間力を持った人たちがたくさんいる


またこの会社は社員みんなとの距離が近いことも魅力だと思います。
社内にフランクな風が吹いていて、経験だけに頼らない自由な感じがあります。
社内会議では、若手の意見も積極的に検討してくれ、建築実例の発表では大変だった箇所やこだわった箇所の情報を共有したり、業界外の情報を教えてくれる時間もあったりして、色々な知識を僕たちに提供してくれます。

その中で社会人としての取り組む意識や、マナーなども必然的に学ぶことができます。
多分こういう取り組みをしてくれるのは、社長との距離が近いからだと思います。社長が社員全員を見渡せる環境にあって、今この会社に必要なことは何かを判断し、人間として成長をさせるメッセージを僕たちになげかけてくれているのだと思います。

数字ばかりを追求する社会の中で、斉藤工務店は人づくりも考えてくれる会社です。
なぜならばこの会社はお客様に寄り添ってお客様の理想を家づくりで叶える企業だから。
社員としても人としても魅力的じゃないと、この家の本当の魅力は伝わらないと考えているのだろうと思います。
だからこそ斉藤工務店には人間力を持った人たちがたくさんいるし、そこから学ぶものはとても価値があります。

理想を越える素敵な未来を提供している、
その自負はこの会社の一員にしか手に入らない宝

諸先輩立ちも同じことを言っていますが、この会社はただ単に家を建てる、家を売る仕事じゃありません。
お客様が長い間考え、悩み、やっと見つけた理想や未来を、プロの僕らがさらに素晴らしい感性や技術で家というカタチで提案する仕事だと思います。

どこまで相手の立場になって考え、その理想を越えるものを見つけるか、それが問われる仕事ですね。

だからこそテクニックよりも、想像する力、創造する思いの方が重要だと近頃は感じます。

注文住宅ですから、同じモノは1つとしてない世界です。
お客様が違えば理想もこだわりもセンスも違う。常にお客様の理想を越えたカタチを提示しないといけません。
その理想を越えたカタチこそが、感動を生むものだと感じています。

斉藤工務店では、建てたお客様からご友人を紹介される事が多いのも特徴です。それは、きっとお客様の理想を越える提案が感動を生み、その感動をお客様の大切な友人へ伝えてくれるからだと思います。

まだまだ2年目の僕ですが、ここで学んだことは「理想を越えるものをつくる」ということです。
だからこそ、この会社には、自分の中に無限性を感じている人が入ってきてくれればと思います。
その自分の中の見えないものに対する期待感や自信を、きっとこの会社のチームワークが揺るぎないものにしてくれると思いますよ。
理想を越える素敵な未来を提供している、その自負はこの会社の一員にしか手に入らない宝だと思います。

工事チーム 森 裕樹
福岡大学建築学部卒
平成27年度入社

社員の1日

工事部のとある1日

休日のとある1日

  1. 先輩インタビュー

  2. 谷口 卓真[営業部]

    takuma taniguchi 平成25年度入社

  3. 森 裕樹[工事部]

    yuuki mori 平成27年度入社

  4. 坂本 裕紀[設計]

    yuuki sakamoto 平成27年度入社

PAGE TOP