先輩インタビュー

坂本 裕紀[設計]

ここは理想の暮らしを提案している、
それが斉藤工務店を選んだ理由でした。

大学で建築を学んできたて、昨年リノベーション専門の企業から斉藤工務店へ入社をしました。
リノベーションは時代のニーズもあって、前職では多岐に渡って様々な仕事をしてきました。
ただ、やればやるほどもっとお客様の暮らしの根本を手がけてみたいという意識が高まっていき、新築業務をしている企業の設計に興味を抱きはじめました。また、いろんな仕事に携わる中で「もっと上を目指す為には自分の中に足りない知識や経験がまだまだある」ということにも気づきました。

そんな時に斉藤工務店に出会い、部門や年齢を超えて情報を共有でき、自由に発言できるこの企業の社風に惹かれ入社を決めました。

昨今、家を性能で語る意識が強く、例えば断熱の熱量が〇%という数字的根拠でお客様にアプローチしていることが多い中、斉藤工務店だけは違いました。
お客様が建てたい理想の家の設計は大前提なんですが、お客様の暮らしのスタイルや、今持っている家具等に至るまで細かくヒアリングをし、本当の理想の暮らしの提案をしていることにすごく興味を持ちましたね。

自分の家が完成するよりも、
お客様の理想の家を完成させた時の方がうれしい

斉藤工務店は、家の性能、暮らし、居心地、全てを独自の美しい家のカタチに閉じ込めて、お客様に提案している気がしたんですね。だからこそこの会社にやりがいがある、そう確信しました。
設計というのは、お施主様との対話でもあるし、社内の担当者との対話でもあります。ここでは設計段階から他の部門と意見を共有し合い、そこにお客様の理想や思いを閉じ込めながら設計ができるんです。

家は住むお客様の理想であるのは大前提ですが、その理想を叶えるために携わった設計や全スタッフの討議から生まれたシンボルだと思っています。だからこそ、私たちも完成したときにあの独特の高揚感があるんだと思いますよ。
きっと自分の家が建つよりも、お客様の理想の家を完成させた時の方が素直にうれしいって思えるんじゃないかな(笑)

引き渡しの光景を何度も体験すると、この仕事に就いて良かったなと思います。お客様と話し、悩んだ分、ゴールの日は感動しかないのですから。

斉藤工務店をはじめて知った日の直感は、まちがっていなかった、毎回そう思います。

自分らしさを出すかと考えた時に、自分にしかない感性や思想を持とうと思った

素敵な暮らしをもっと多くの人に届けたいと考えた時、そのためにはどんな家づくりがあって、どんな建築方法があって、どんな性能があるのか、それを常に考えています。

また、様々なお客様が求める理想の暮らしを見ていくうちに、次のお客様はどんな暮らし方を求めているのだろう、ということも近頃はすごく気になることろです。

僕は実は先輩たちが知っていることを知らないということに凄くコンプレックス感じてまして(笑)
経験をしないと分からない事って沢山ありますよね、でもそこは長く業務をしてきた先輩たちには勝てない。
では、どこで自分らしさを出すかと考えた時に、自分にしかない感性や思想を持とうと思ったんですね。
仕事ってやっぱり自分がコントロールできるようになると楽しいけれど、そうじゃないと言われっぱなしでおもしろくないですよね。だから自分がプレイヤーとして存在できるものを身につけようと思いました。

日々の業務は大変ですが、それも僕の好奇心の一部です。やりたい、見たい、探したい、つくりたいが先になってしまう。だから大変というよりは、楽しいことの方が多いかな。

好奇心が会社全体に溢れています
そういう職場環境は常に刺激的です

業種を問わず、大手を希望する学生はきっと多いと思います。
でも僕が重視してきたことは、会社と自分が対等になる関係づくりでした。
その点で斉藤工務店は自由な意見を交換できる雰囲気がとても魅力的に映りましたね。

上司との距離はもちろん、社長との距離も近いので僕としては最高な環境だったワケです(笑)

社長たちが何十年とかけて積み上げてきたノウハウや知識が瞬間的に手に入るわけですよ。
そこに僕なりの持論を取り入れて、僕なりのノウハウを構築していく実践教育ですよね。
贅沢な環境だと思いますよ。進化速度5倍、いや10倍かも。

設計という部門を超えた情報や知識が日々入り、更新されていく。それを持つ企業ってなかなかない気もしますね。
また、社内は大手にはない柔軟性や建築家との関係の中で、日本の家づくりを変えて行こうとする好奇心が会社全体に溢れています。そういう職場環境は常に刺激的ですね。

業務の進行に関しては
臆病なくらいの方が良いかもしれませんね

設計部が求める人材とはと聞かれると・・・僕が思う人材は、立場を気にせず、自分の思いを伝えられる人間。

上下関係に臆して何も言えない、言われたままやるのでは、この環境は勿体無い。

だって新人だって若い感性で戦うことが可能だし、斉藤工務店はそれを受け入れてくれる企業風土ですからね。

もちろん互いに尊敬は必要だと思っています、でも本当の信頼はお互いに素直な意見を言い合えてこそ生まれるもの。
だから、単に後輩ではなくパートナーになってくれるような人がいいかな。

会社的な視点に立てば、業務の進行に関して臆病なくらいの方がいいかもしれませんね。
お客様と同じ視点で1つ1つ確認し合い、お客様の見ている不安はもちろん、見えていない不安まで気づいてあげて言葉にしてあげるくらいの臆病さ。

お客様の立場で一生に一度の理想の家をつくるならば、自然と臆病になるはずです。

それを解決できるように、色々な情報や知識を身につけ、対話を欠かさない人間になる。
そうすれば年月を重ねた時に、とても有能で安心感のある斉藤工務店の一員になれていると思いますよ。

知らないことばかりで失敗もあることは当然。
でも、ここにはそれをカバーし励ましてくれるチームメンバーが揃っているし、それができるのも、きっと企業全体が同じ目標を共有できているからだと強く感じますね。

設計チーム所属 坂本裕紀
福岡大学工学部卒
平成27年度入社

社員の1日

設計部のとある1日

休日のとある1日

  1. 先輩インタビュー

  2. 谷口 卓真[営業部]

    takuma taniguchi 平成25年度入社

  3. 坂本 裕紀[設計]

    yuuki sakamoto 平成27年度入社

PAGE TOP